前へ
次へ

アイシャドウパレットdiy

数年前から化粧に本格的に興味を持ち始め、似合う色を探すため結構な量のアイシャドウ・チークなどの色物を買い集めてしまい、収納に困るようになりました。
そこでみんなはどのようにして化粧品を収納しているのか調べるため、動画サイトや掲示板などで情報収集。
大きいものはブックエンドに立てたり、事務用引き出しに並べたり、収納グッズを使うものが多かったのですが、私の場合、収納を増やすのではなく、今あるスペースに収まるようにしたかったので更に調べました。
そして見つけたのが、アイシャドウパレットをdiyするという方法。
やりかたは簡単です。
好きな大きさのケースに、アイシャドウやチークをもともとのパレットからはずし、貼り付けてまとめるだけなんです。
ケースは入れたいものが入れば何でもよくて、DVDケース、CDケース、書類ケース、持ち運びに便利なのは名刺ケース。
両面テープで貼り付ければしっかり固定。
シートタイプの磁石にすれば中身をその日の気分でころころ変えることができます。
おかげで化粧品がすっきり片付きました。
スキンケア化粧品の手作り(diy)が広まっています。
diyのレシピを集めたサイトや、材料を販売する店もあります。
手作りの化粧品の利点は低価格で作れるということです。
手作りで一般的によく使われている製精水やグリセリン、尿素等はドラッグストアで手に入る素材です。
そして、目的によって入れる素材や、材料の量を自分の好みにあわせて調整できます。
高価格の化粧品と同等の効果を、自分で作ることで安く済ませることができるのです。
ただし、注意点もあります。
ハーブを使う場合はアレルギーがないか十分に気をつけましょう。
また、防腐剤を使用しないので短期間で使い切ることも大切ですし、保存する容器を消毒することが必要です。
また、素材の量は多すぎるとかえって肌荒れを引き起こす原因にもなりますので、きちんと量を守りましょう。

Page Top